line
  トップページ
line
  文錦堂について
line
 ■ おすすめ作家一覧
line
  ギャラリー
line
  ショッピング
line
  ご利用案内
line
  特定商取引に関する表記
line
  個人情報に関して
line
  リンク
line
mail お問い合わせ  
image

文錦堂 オリジナル特典

文錦堂 オリジナル特典
近藤 悠三 近藤 悠三
1902年、京都市清水寺下生まれ。
14年、京都市立陶磁器試験場付属伝習所轆轤科に入所。
17年に卒業後、同試験場で助手として勤務。
21年、富本憲吉の助手として師事。
24年京都に戻った後、関西美術院洋画研究所でデッサンや洋画の研究をする傍ら、清水新道石段下に窯を構え制作を始める。
55年、日本工芸会に所属。
56年、「山水染付壺」が第3回日本伝統工芸展で日本伝統工芸会賞を受賞。
56年、京都市立美術大学(現:京都市立芸術大学)教授。
65年、同大学学長に就任。
70年、紫綬褒章。
73年、勲三等瑞宝章、京都市文化功労者章を受章。
77年、重要無形文化財「染付」の保持者(人間国宝)に認定。
80年、紺綬褒章受章。
85年、逝去。

陶芸家・近藤豊(1932年 - 1983年)は長男、陶芸家・近藤濶(ひろし)は次男、陶芸家・美術家の近藤高弘は孫にあたる。
俳優の近藤正臣は親戚。
幕末の尊攘運動家の近藤正慎は祖父。